センター試験で受験生が悩むのは鉛筆かシャーペンどちらを使うべきかのようです。

 

私は受験生のときは指示通り鉛筆を使いましたが、あらためて調べてみるとシャーペンを使っているだけでは不正行為にはならないようです。

 

ただし、なぜ鉛筆を使用するように勧められているのか?

 

それには理由がありました。それをこれから説明します。

 

センター試験の公式サイトの説明

シャープペンシルを使用してマークした場合には,解答が読み取れないことがありますので,使用しないでください。

ただし,メモや計算に限ってはシャープペンシル(黒い芯に限る。)を使用しても差し支えありません。

 

 シャーペンを使う場合は機械が読み取れなくて点数がつかない可能性があるということですね。

 

というのはセンター試験の答案を読み取る機械は鉛筆の芯に含まれる炭素を赤外線を使って読み取るようになっています。

 

シャーペンの芯はこの炭素の割合が少ないので読み取れない可能性もあるということです。

 

ただ、機械が読み取れないのはシャーペンが理由というより、塗りつぶし方が雑だったり、しっかりと消しゴムで消さなかったために答えを2つ書いていると機械が判定したりなど受験生の重大なミスが原因です。

 

よってシャーペンでもよほど薄い黒色の芯を使わない限りは一応大丈夫のようです。

 

ただシャーペンだと芯が細いために塗りつぶすのに時間がかかるために問題を解く時間が減るかもしれないということです。

 

芯の太い鉛筆のほうが効率よくマークを塗りつぶせるのでシャーペンでいいと思っている人はこのことに気づいていないのかも?

 

あと模試とセンター試験の違いについて一言。

 

模試の場合は予備校が機械が読み取れなかった答案をチェックして正しい点数を出してくれているところもあるそうです。

 

もしも、普段から雑な塗りつぶし方をしていた受験生は注意して下さい。

それは予備校がフォローしてくれていただけでセンター試験だとエラーで読み取ってくれずに点数が大幅に下がることありえるということです。

 

センター試験の場合はそこまでフォローはしてくれません。当然ですが。

 

まとめ

 

センター試験はシャーペンでもおそらく問題はないけれどリスクを避けたい人は鉛筆で。

 

鉛筆のほうが効率よくマークを塗りつぶせるので時間の節約になる。

 

そしてマークの塗りつぶしが雑な人、消しゴムでしっかりと消していない人はシャーペンと鉛筆を選ぶ以前の問題ということです。