f:id:tayutauao:20140928073425j:plain

 

むかし好きだった人は

雨の日の音をサンプリングしたCDをくれた。

それは一等に好きなプレゼントだった。

自分の部屋で採ったのだと言われたことも、すきだった。